てぽてぽ進も♪

アクセスカウンタ

zoom RSS どうして

<<   作成日時 : 2013/01/23 17:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

こどもたちが

こんなに勉強しているのに、
日本の学力が低下していると言われるのか。

あんなに勉強しているのに、
希望の大学へ合格することが出来ないのか。




先日行われたセンター

その後、仕事場には 先生とお話したい子供たちが
ちらほら やってきた。

そしたらね。

泣いているんだよね。。。



授業がないのに 出校して、席についているせんせい。
彼らの気が治まるまで聞いてあげている。
私が尊敬しているH先生が、帰り際雑談してくれた。

「以前、非常に後悔する出来事があってね。
 なるべく時間を取るようにしているんだ。」

教えてもらった内容からすると、
自己採点の結果が思わしくなく、
自殺してしまったらしい。

もちろん、誰に何を言われたとか
ましてや、せんせいは何も関わってはいないのだけど

「あの時、話をしていれば
 その子の気持ちを聞き出せれば
 止められたかもしれない・・・」


ああ、

娘も、そのような先生に出会ってほしいものだ。


・仕事だからとりあえずやってます

・わりと良いお金を稼げるから

・自分は他に勤められそうな職場ないし

・子どもたちは毎年変わるから流れ作業


そんな考えで、指導する立場にならないでほしい。


やっぱり気持ちのある人は違う!
勉強を教える技術は、揺るぎ無い信念とともにあるんだね。
(ご自分の印刷物には要望多くて、面倒な人なのだけど)


そんなせんせいがたと一緒に頑張った期間は
何かの形で、将来花を咲かせるのだろう。

いいな〜。娘も早くここに通わないかな〜。(高校コースで)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
希望の大学に合格出来ないのは、それだけ「競争率が高い」ということでむしろ学力は上がっているのではないかと思ってしまうのですが。。。

最近の先生も子供たちも何かウチらの時代とは変わってきてますね。
何か「目先の結果」ばかりにこだわっている。。。
「この大学に行かなければいけない」
「1番にならなければいけない」

でも一番おかしいのは上(親、管理者)ですね。
子供を塾や学校に行かせといて後は放置。

問題が起きれば学校へ怒鳴り込む。
それならまだいいが、親が子供の話を聞こうとしないから、問題が起きているかどうかも分からずに気が付けばもう手遅れで子供は自殺に追い込まれる。

学校は評価が下がるとまずいから、問題が起きても表に出さない。いや生徒と必要以上に関わらないから問題が起きているかどうかも分からずに気が付けばもう手遅れで生徒は自殺に追い込まれる。

学校の先生なんて、所詮「公務員」ですからてぽてぽさんが書かれている通り、「仕事だから・・・」によるところが大きいんでしょうね。

塾の先生も本当に子供の将来のことを考えてくれる人ならいいけど、「経営重視」のところだと行く価値なんて無いかもしれないですね。

自分が学生のころ通っていた塾も「何か悩んでいるんだったら相談してこい!」と言ってくれるような先生でしたのでそういう意味であの塾に行ってよかったな〜と思いました。

娘さんの場合は、親がしっかりしているから大丈夫でしょう。後は変な人達の悪い影響を受けなければ・・・
はせ
2013/01/26 17:38
はせさんへ

競争率は 人気の大学は高くなる一方ですね。
ですから、1人1人容量・スペックの違う彼らが、全員目標へ到達できるとは限らない。

そこで、仰る通り、親との関係。
周りの大人の適切な指導が大事になってくる。
難しいことを言わなくてもいいんです。
話を聞いてあげて、誘導方法を考えてくれれば・・・。

自殺まで思い悩むくらいですから
絶対絶対、周囲の人間は感じているはず。
何かしら、サインを出しているはず。

真摯にコメントくださってありがとうございます。

私自身の考えに奢りがないか、押し付けがないか、気持ちを理解してあげているか、冷静に判断できているか。時折足を止め、考えてゆきたいと思います。  
てぽてぽ
2013/01/27 19:08
なんといっても、こどもですから。脱皮仕立てのカニみたいに柔らかい危うい者達。大人が守ってやりたいですね。子供の自殺という哀しい話を耳にする度、ため息が出ます。お話の先生のような方に一人でも多く出会うのが、こどもの視野を広げ、選択肢を増やして、最悪の結果を減らしていくんだなぁ、としみじみ思いました。
親がしてあげられるのは、色々な大人との接点を意識して増やしてあげることかな。そんなことも思いました。
はせさんの仰る通り放置は問題外だけど。良い大人もそうでない大人も、色々な見本を娘には見せてやりたいと思います。もちろん、こちらの記事での話もいつも娘にしてますよ。
ちか
2013/02/03 17:20
ちかさんへ

コメントありがとうございます。

>色々な大人との接点
私も、そのように思います。
職場、ボランティア、お絵かき 何かにつけ、都合が合えば、娘をどこにでも連れて行きます。
「娘です〜。社会勉強に来ました〜♪」ってね。

そろそろ、自分で外の世界へ踏み出すよう指導しなければ・・・。

職場でも、娘の学校でも、
包み込むような優しいまなざし。
声をかけられたら真剣に聞く。
を心がけて、私も大人を磨きます!

てぽてぽ
2013/02/03 23:00
おはようございます。

自己採点の結果が思わしくなく、自殺してしまった!ウーン、ショック、大ショックですね。大事な一生をそこまで引きずり込むとは。
最近巷では暴力による指導でもめていますが、人それぞれの考えがあるから難しい問題です。サラリーマン化した先生が多いと聞きます。ノンキーハイカーズの場合は一本芯の通った指導者が理想です。
てぼてぼさんの場合は親子で一生懸命の姿が想像されます。頑張ってください。

ノンキーハイカーズ
2013/02/04 10:39
ノンキーハイカーズさんへ

いるんです。
あんなに頑張ったのに。
力が出せなかった子が。

でも、これを乗り越えると
別の力が身に付くと
わかるのに。。。
誰かが教えてあげられれば
良かったのに。

私の頑張りも、娘の頑張りも
正しい頑張り方であれば良いのですが。
今の仕事場は ありがたいです。
多くの情報がもらえます♪
てぽてぽ
2013/02/04 23:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
どうして てぽてぽ進も♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる