てぽてぽ進も♪

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ仕事を変えたのか

<<   作成日時 : 2012/10/23 08:33   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

それは


!!!!感動したから!!!!


何に?と思うでしょう!?


昨年、受験生だった娘。部活に専念している間は 通信教育。
よくCMしている べ○ッセ です。

娘の成績も、学力も、私は一つも不満などありません。
学年で常に30番から10番くらいの成績。
自分が子供の頃の 真ん中・平均・平々凡々 な子供でしたから、
なんて勉強する子なんだろう〜。
すごいな〜。えらいな〜。
時には部活やら委員会やらお習い事やらで、いっぱいかかえて
泣きながら頑張っている娘に、
「どれも、十分だよ。どれか力を抜いたらいいじゃん」
と言い続けてきたくらい。
デキル子供を望んだことは無いのです。たぶん。だと思うけどな〜。

ところが、彼女は違う。
「やりたい。」 「出来る筈だ。」 「絶対の意志に不可能はない!」
と目標を掲げていた。


3年生になって、彼女の勉強での目標は、10番以内に入ること。
早くも志望校は決定していた。
自由な校風。先輩方も、憧れる素敵な人がそこへ入学した。
その高校は、ある程度成績良くないと合格しないのだ。

高校受験に本腰を入れようと 塾に行ってみた。
塾に行く選択をするには、様々な経緯があるが、置いといて。。。

初めに■塾へ行ってみた。
入塾のための テスト が行われ、 チラッと体験。
で、定期テストみたいなものも受けてみたら
そこの塾内で3位だった。市内、他教室合わせた全体で16位だった。


これはイカン!
うちの子で3位なら、言っちゃー悪いが、レベルが低いのでは?

さらに、私的に気に入らなかったのが、若いお兄ちゃん先生のお見送り。
「今日は頑張ったね〜。気を付けて帰るんだよ〜。
 また○曜日にね〜。」
車が発進するまでやっている。ありえない。ここはホストか。
さらに、あれを受講しろ、これを受講すれば・・・と、営業攻撃。


で、★塾へ行ってみた。
テストを受けるとか、順位とか 気にする前に
娘が言った。

「この先生がいい!」 ←イケてないおっさん
「難しい問題が 理解できる!」 ← そうとうのオジサマ
「塾って楽しい♪ここにする❤」 ←やはり、ほぼ全員おっさん
お見送り。そんなもの ないよ。
面談。冷静に教科の不得意分野の分析。学習法の検討。
「うん。ここがいい。」


学校の3者面談で、
先生に勉強はかどっていますか?受験に心配はないですか?
と聞かれ
「大丈夫です。塾でばっちりです
母も冷や汗をかく、驚きの発言。。。

そう、彼女は塾の先生を信頼できる大人と認識したのだ。
営利ではあるが、子供だろうが客だからではあるが、
真剣に彼女の目指すところへ指導してくれる姿は素晴らしかった。

そして、成績はぐんぐん上がり
9 ・ 3 ・ 1 。受験前の校内順位は1番に

*すいません。学校のお母さま方にはとてもじゃないけど言えないです。
  やはり、自分の子供自慢になるでしょう。
  ですから、ここでは言わせてくださいね。


母 感動 涙 涙 。
まさか自分の子供が、こんなに勉強できる子に育つなんて。
本当に学校で1番になるなんて。
学校内だけではなく、模試の成績も これまた私には考えられない成績。


学校ではできる子、良い子、おとなしい子、手のかからない子 は
放置されぎみ。娘は放置されまくってきた。
リーダータイプの子なら、先生のお気に入りになるけれど、
そんなタイプじゃない。
何か問題があったとき、彼女の場合、周囲の状況を把握
どうして そうなったのか、最初のきっかけがなんだったのか。
反論・意見を述べ、理解を求めると 「頑固だ。連帯責任だ。」
と納得のゆく返答や対応をしてもらえない。
つまりは くどくて ウザイ のだ。
連帯責任が一番ラクな終着点だものね。

そうして過ごしてきた中学校。
なのに、塾に行ったら、まず、話を聞いてくれる。
コミュニケーションの基本だね。
まず、相手の話を聞く。
聞いたうえで、意見のすり合わせを行う。
目標に向けての具体案を提示する。
彼女に合った 本当に必要な授業を行ってくれる。



長々と娘の受験の話をしましたが、
感動しまくった この★塾。

はい、ここで今 お仕事しています〜。
というか、娘が受験の真っ最中も、そこにいたことになりますね。
私も馬鹿だわ。
感動のあまり、求人見て、速攻に応募。で、採用されたけれど
娘の受験の忙しさと、自分の仕事の繁忙期が バリバリかぶりまくり!

正確には★塾の母体となっている
大学を進学希望したのに叶わなかった子の行くところ。

そう、 よ○こう と言われる場所です。
(講師では無いですよ。雑用係です










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ははは・・
「塾でバッチリです」は思ってても言えないですよ。
先生ガッカリしてませんでしたか?
学校の先生は頼りにしていないと言っているかのような・・・
まあそういう自分も受験に関しては塾に頼ってましたが(←その割に入った高校が不良校というのが恥ずかしい・・・)。
それにしても「一番」はすごいですね!そりゃ学校の先生が頼りにされないはずですね(笑)
そうですか。てぽてぽさん、塾に転職ですか。
ちょっと意外と思ったりして・・・
はせ
2012/10/23 21:07
はせさんへ

「塾でバッチリ」発言。
学校の先生は受け流しましたー。
笑顔が微妙に怖かったわ。

私が教えられるのは漢字くらい。
もう、自分の子供だけではなく
「勉強しよう」と頑張る子供たちが
素晴らしいです。
そっと陰ながらの応援をしています。
てぽてぽ
2012/10/25 12:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
なぜ仕事を変えたのか てぽてぽ進も♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる