てぽてぽ進も♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 皆さんありがとう!

<<   作成日時 : 2011/03/25 20:19   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

てぽてぽの地域周辺は落ち着いてきました。

高速道路が一般車両も通行可能になり
物資が届くようになって、スーパーにも商品が
並ぶようになりました。

また、まだまだ長〜〜〜〜い列が出来ていますが、
ガソリンも届いてきています。
で、満タンいれられました!

被害の大きい地域に比べれば、大丈夫。
ガスがないくらい 何とかなります!


仕事場にも行ってきました。
来られる人が集まって、全体集会。
業務をするわけではなく、
当時の状況や今の状況を話ししよう
ということらしい。

では、ひとりひとり・・・。
それぞれ 思い思い話をした。
仕事をしていた人は当時の様子。
家にいた人は家族のこと。
そして、甚大な被害のあった地区のこと。

自分の順番が回ってくるまでは
なんでもなく、他の方の話を うんうん。
と聞けたのに、
自分の順番がやってくると
話をし始めて、すぐに涙が出た。

なんだろう。

自分でも分らない。

話をした内容は、
当日その時間は ちゅうこうせいのフロア勤務だった。
しかし、小さいお子さんのフロアで、データの提出が
なく、PC作業の分る人間が(私)がデータの抽出のため
下の階に下りた。
その時、地震が起きたのだ。
下の階にはスタッフが8名ほどいたが
ちゅうこうせいのフロアは1人だった。
下の階に下りたことを あとから後悔した。

話をしたのはそこまで。
それ以上は続けられなかった。



誰もが立っていられないほどの揺れの中、
子供達と保護者に覆いかぶさるように守る職員。
誰もがへたり込んだ状態。
周りを見渡す余裕も無く、頭上からの落下物に
気を配れる人間はいなさそうだった。
たった一人、必死に立ち上がり、
皆を誘導し、少しずつ出口へ向かわせ
倒れてくる棚、キャスター付きで動いてくる
高さ180×幅120ほどのラック3つを
何度も利用者から遠ざけるため
波のように揺れる床の上をふんばった。
立てた私だけが気付いた玄関先の
2組の利用者。駆けつけ、壁際へ避難。
上から職員・利用者が降りてきて合流。
何故か私が、先頭に立って、避難した。

皆が よくやってくれたと言ってくれるが、
怖くなかったわけじゃない。
座り込んで、誰かが助けてくれるなら
女の子らしく、身を震わせていたかった。


家に帰れば、ライフラインストップのため
使えるものを探し、これから生活するための
様々なことを考え、家族に指示を出した。
家の中のことも、一番分るのは自分。
子どもを守り、不安な気持ちにさせないように・・。

常に、強く、前向きに。考えろ!考えろ!
やることは山のようにあった。
工夫しなければいけないことも沢山あった。

それらが落ち着いて、きっと安心したんだね。
そろそろ泣いてもいいと 思ったんだ。
自分の気持ち全部を仕事場で話せなかったし
家族にも、当時仕事場の状況を
話をしたけど、パパはパパで、大変だったと
労ってくれるわけでもない。

こうしてブログに書けて良かった。
ブログを続けていて良かった。



記事を読んでくれて有難う

沢山のコメント有難う

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
maicoはね…家に長女といたんだけど…動けなかった(;;)怖くて動けなかったの(;;)
息子が帰宅してから避難準備開始。息子がすべてやってくれたの。
宮城県沖地震経験しているのにね(^^;

これを教訓にして避難準備しておかないとね…
頼りない母の姿見せてしまった(><)
maico
2011/03/25 21:34
てぽてぽさん、頑張ったのね。すごいです!!あんな地震では動けないのが当たり前なのに。よく頑張られたと思います。

うちの店では、店長が必死に立ってお客様とスタッフを誘導してました。ヒーローに見えたわ♪けががなくて良かった。
地震の数日前も大きな地震があったでしょ。私は休みだったのですが、男の社員さん一人がマイクを手におろおろしていたそうで、そういう緊急時にちゃんと対処できるってすごいな、と思います。

地震直後、すぐにメールで夫に元気なことを伝えられていたのが幸いでした。なかなか連絡がつかなくて不安だったけど、とにかく元気なのはわかっていたから。

お風呂の水がそのままだったのも良かった。息子たちだけだったので、浴槽いっぱいまでためよう、とかそんな気働きはなかったけど。

余裕がある人はご飯炊いておけばいい、とか、経験してみないとわからないことばかりですよね。

私も、17日ころかな。バスで仙台駅まで向かってるときに、なんだか涙が出て来ましたよ。みんな緊張で気を張ってたのでしょうね。
rosa8719
2011/03/26 10:12
やっぱりそうでしたか・・・
(地震直後から更新があるまでは)おそらく地震発生時はてぽてぽさんが必至にみんなを守ろうと動きまわっているのではないかと想像していました。
でもてぽてぽさん、ホント頑張りました!「感謝状」をあげたいです!!
いやあ旦那さんだって内心は「てぽてぽさんよく頑張った!」と思っているはずですって。
それにしてもたかが5強くらいで机の下に潜っていた自分が恥ずかしい・・・
でも次は大丈夫です!

しかし、何ですか!その紛らわしいタイトル!一瞬これでブログ終わり?と思っちゃったじゃないですか!!
(今は)被災地の状況をこの目で直接見ることが出来ない自分にとって、ある意味てぽてぽさんのブログが「ライフライン」なんです。
自分も本当ブログやっててよかった〜
はせ
2011/03/26 11:55
maicoさんへ

当時自宅の庭で作業していた人は
家がグワングワン揺れて
家が倒れる!と思ったそうです。
車ははねるように動くし。。。
未だかつて見たことのない
経験したことのない規模
でしたものね。
てぽてぽ
2011/03/28 13:50
rosa8719さんへ

バスの中で涙が出た。。。その気持ち
分ります。
当時は複雑な胸中だったのでしょう。
仙台から離れること、仲の良い近所の方
職場の方。
本当はそうじゃないけど、私も青森とかに
帰れるなら、『おいて行く』
という心境になりそうです。

お体のこともありますので、
大事を取って、気持ちをラクに
お過ごしくださいね。
てぽてぽ
2011/03/28 13:58
はせさんへ

ほ!このタイトルだと
   〜終了〜
 みたいですか!?
大丈夫です♪まだまだ続きますよ♪

次年度には次年度の悩みが
あるでしょうし。実は4月から
町内会役員。。。
これが問題アリアリで・・・・。

『感謝状』有難く受け取ります!
沢山のコメントも感謝感謝です★
てぽてぽ
2011/03/28 14:12
てぽてぽさん、頑張ったね。
読みながら私も泣いてしまいました。
こういう方がいらっしゃるから、私は当日娘が校外学習で遠く離れていても安心でした。
こういう記事を読んでるから人を信じることができます。
頑張ってくれてありがとう。
当日てぽてぽさんの施設に居合わせたすべての人と一緒に感謝します。
ちか
2011/04/01 18:38
温かなコメントをいつも有難うございます。
今回の震災で、家族・仕事のあり方を
考えさせられました。
こども達を守るために、それぞれの場所で
多くの大人が適切に動いてくれたと
私も感激しています。
娘も中学校で待機していました。
両親とも仕事をしている家庭は
父親か母親が迎えに来るまで
先生方が保護してくださっていたようです。
本当に、感謝感謝です!!!
てぽてぽ
2011/04/04 15:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
皆さんありがとう! てぽてぽ進も♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる