てぽてぽ進も♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 泣きたい時だってあるさ。

<<   作成日時 : 2009/11/09 22:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 11

どうも しっくりこない。
ごめんなさいね。また愚痴らせてもらいます!

ミスも多いし、日々業務をこなすだけで精一杯。
突然振られた仕事も必死にこなす。
自分で優先を判断して、進めなければいけないのも分る。

でも、頑張った挙句に
「失敗ね」と言われちゃ〜 たまらない。


イベントのお手伝いを振られることがある。
手作りもそうだが、作り物が発生したときも。
そんな時、行うことは上司が決定済み、
そして以前記事にしたもう一人のスタッフ○さんと
「いいねー!こーしたら!?アーしたほうがいいんじゃない!?」
と勝手に盛り上がって内容が決定してゆく。

それの構想を元に、お手伝い要員が決定する。
一緒にイベントを進行するスタッフ とは彼女達の認識だが
声を掛けられたほうとしては、お手伝いさん。はい。はい。と
淡々と業務をこなす私は執事セバスチャンの気分です。
他のスタッフからも愚痴を聞いた。
同じ思いをしている人がいて、ちょっと安心。


だって、企画の段階から話し合いに参加しているわけでもないし
2人の構想・思い描いているものの説明もイメージだから
(企画書とか、進行スケジュールとか、準備段階からの流れ
 担当の業務・配置とかないんだもの。)
こちらと理解できるわけがない。
しかも、この2人は施設が立ち上がる前からのお知り合い。
他の場所で一緒に仕事をしていた仲間らしい。
そのツーカーのやり取りが、他の人間に通用するかいな!!!


前回「この施設にある物を使用してやってほしい」
と振られた 写真を貼り付けるカード作り。
子供の手形とって、親子の写真を当日撮影し印刷するとさ。
人数に対して、色違いの画用紙ばかりあり、必死につなげて
全員分のカードを作成したさ。
予算も時間も無く とりあえず、ある物と限りある時間で
カードはできた。

私のこんな形の、こんな仕掛けがあったら楽しいだろう♪
との考えから、若干やりすぎたとは反省。
「そこまで作らせなくても。」「趣旨が違う。」と言われている旨を
他のスタッフから教えてもらった。
それは、準備の時間が無く私が仕上げておきたかったところまで
進めなかったから。(これは言い訳にしかならないね。)
本来は参加者同士がふれあい
お茶する時間を多く取りたかった企画。

あ〜。疲れたな〜。
仕事って大変だね。やっても当たり前。人間関係もあるし。
お絵描きや手作りは大変だけれど楽しくできたのは
やはり特殊な趣味&仕事?だったからなのね。
やったらやった分だけ 生徒さんから笑顔があふれ
ねぎらいの言葉を貰い。失敗しても、温かく見守ってくれた。
お教室は皆のものだ。皆で作り上げてきた。
甘やかされて 今まで来たのね わたくし。ふふ。

でも、仕事は違うよね。
「私達はあなたたちを待っていました。
 私達は仲間です。一緒に頑張りましょう。」
施設の立ち上げのときの 代表の言葉。
『仲間』って何だろう。。。。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
人が集まるといろんな事ありますよね〜
こういうことを学ぶために私はいるんだ!!と思って、ガッツで(^^)v
あなたには素敵な笑顔があるじゃん♪
ほわ〜っとした話し方も、好印象だよ♪

嫌〜な事あっても腹の中で愚痴ればいいし〜
顔で笑って心で…ほにゃらら…でいいんじゃない?
マイコ
2009/11/11 10:27
ヒトそれぞれ色々な考え方ややり方があって当たり前だから、誰かに仕事を任せたら思い通りにならないのも当たり前。仕事としての認識で問題点を指摘するなら本人に直接伝えるべきで、他の人から聞こえてきたことなんて気にする必要ありませんよ。これは相手の人間性の問題でやっかみみたいなもんでしょ? ここでガーっと愚痴ったら後はほっときましょ。仲間だって友達だって、100%仲良しじゃなくてもOKだと私は思ってます。みんな自分を鍛え、育ててくれる大切な人。そしてかばい癒してくれる人がいれば完璧でしょ。私は味方だよー。
ちか
2009/11/11 12:04
やはり、ここは「お手伝いなのか、一緒にやるスタッフなのか」という認識をはっきりさせることでしょうね!お手伝いなのに、「失敗ねー。」とはどういうことよ?と私も思っちゃいそう。
てぽてぽさん、そんなに自分を責めることないです。てぽてぽさんは一生懸命がんばってるんじゃないですか!言いたいことがある人は、ちゃんと面と向かって言うべきですよ。
うちはねー、一番のベテランさんが、面と向かってバチッと言うタイプで。しかも「私は間違ったことは言ってないから。」と強気。キツイなー、と思ったけど、やることをやればちゃんと認めてくれる人なのです。
仕事の仲間って、ライバルみたいなところもあり、厳しく感じることも多いけど、頑張ってる姿は必ず評価してくれてる人がいると思います!みんな意外とちゃんと見てるから。
失敗は仕方ないんだ。失敗を肥やしにして、成長していけばいいのです。お客様に楽しんでもらうのが一番ですもん。
今苦しんでる分、この後きっと良くなります!
フィリカ
2009/11/11 18:16
マイコさんへ

そう!笑顔で頑張っていますよ。
ここで腐ってはまた振り出しに戻ってしまうのでね。前進あるのみです。
この時期 娘も主人も人間関係で悩んでいて、自分が聞き役 家の防波堤になっていて、話せないのよね。。。
ありがとう♪ガッツで頑張るわ♪
てぽてぽ
2009/11/12 17:49
ちかさんへ

仕事を引き継ぐときなど、言葉では伝わりにくい事に頭を抱えています。指示されるときも、指示するときも。
>誰かに仕事を任せたら・・・
ここで躓くんでしょうね。それでも、できる限りベストを尽くして頑張りたいと思います。上司や仕事仲間のためではなく、利用者のため。誰が仕事をしても、ここに来る人に満足してもらうことが一番なのだと、落ち着いて考えることが出来ました。
>私は味方だよー。
ありがとうございます!本当に心強いです!お陰様で、今日も笑顔で過ごせましたよ。ちかさんがブルーな時、励ましに行くわね!!
てぽてぽ
2009/11/12 18:00
フィリカさんへ

ここは特殊な場所で、この事業を立ち上げたい人が集まって運営しています。その人たちに雇われている時点で、雇用された人間は皆「お手伝い」ではないかと頭から離れません。
不景気もあり、正規社員でもないのに求められる物は多い。しかし、運営方針や事業の内情は下の者に説明はなし。そこまで突っ込めないしね。
>失敗は仕方ないんだ。・・・
ありがとうございます。来年羽ばたけるよう、地道にこつこつ頑張ります!やったことは無駄にはならない!ね♪

各チームが仲間なら理解できるかな。相手が雇用主である以上、仲間とは考えられないわー。
てぽてぽ
2009/11/12 18:07

大変ですね。
ま、、仕事は辛いのが当たり前の所もありますが、上司に恵まれないと最悪ですよね。

駄目上司、、、悩む、、鬱、、自殺、、、こんな人が多いと思います。
羅輝
2009/11/13 12:34
子育て中なのに帰りが遅く<S>くんに「言ってやれ」と前記事で当てつけられた<M>です。
(その節はフォローしてくださって、ありがとうございます。涙)

私の職場は社員と常駐フリーランスとが混在する編集部。
若手以外の社員は企画・予算組み・スタッフのキャスティングを決定しますが、フリーランスの人は「今月はこのページを、こんな内容で」といきなりフられて、あとは納品を待たれる立場です。
こういった立場の違うスタッフが混在して働いている場所というのは、それなりに鬱屈がたまりやすいので人間関係の調整には苦労します。
発注側にいる私が気をつけていることは
「仕事を丸投げにしない」
「仕上げてきたものを頭から非難しない」
「トラブルが起きたら矢面に立つ」
「修正してもらう時には、意図を伝えきれなかった自分にも責任があるというスタンスで、丁寧に依頼する」。

とはいえ、なかなか理想どおりにはいきません。
フリーの人たちには「社員編集者は発注するだけだからラク」なんて陰口叩かれますが、組織のヒエラルキーの中に深くとりこまれていて、自分の思いと上司の思惑との調整に骨を折るのも社員ですし、売り上げや予算などお金がらみのシビアな責任を取らされるのも社員。
またこちらは「発注するプロ」であり、あちらは「受注するプロ」という、互いにプロフェッショナルな関係であることを理解せずに、文句ばかり言うフリースタッフも確かにいますし。
ただ、「ノブレス・オブリージュ」という語もあるように、「発注>受注」という力関係において有利なほうには、それなりの責任と義務が生じるということをわかっていない社員も多く、面倒な仕事やトラブルの処理などまで受注側に押しつける人もいて、こういった不信感が、フリーの方たちのやりきれない思いに繋がるのだと思います。
※つづく
Beehive <M>
2009/11/14 20:31

ちなみに私はスタッフは皆「仲間」だと思っていますが、雇用関係や上下関係がある以上、「友達」ではないと思っています。
常に「どちらが何に対してお金を払っているか」「最終的な責任は誰がとるのか」という問題がある以上、学生時代のような対等な「仲間」ではないように思います。


Beehive <M> つづき
2009/11/14 20:31
羅輝さんへ

こんばんは。ようこそおこしくださいました!
ふふ羅輝さんにも見つかっちゃった♪私以前よりコメントのやりとりをさせていただいておりました angel light です〜。お分かりになりました!?
ここは以前と違って、愚痴って自分の弱いところをさらけ出し 考え方・生き方を見つめなおそうと立ち上げました。いつも頑張って笑顔でいるのは疲れるんですね〜。

仕事場では、多くの方々を尊敬しているんですよ。個人的には素晴らしい人間性を持っていて、才能を持っていて。しかし、その個性が調和しないのですね。何かが不足しているのでしょう。
今の時代どこもそうだと感じますが。。。
てぽてぽ
2009/11/14 21:18
Beehive M さんへ

ご自身のお仕事の状況から説明してくださって、大変参考になります!
そう、私はキャスティングされる側の人間。指示を出す側の大変さも理解しています。出来れば彼らの目指す物の手助けとなりたいところです。
ここで問題なのは、明確な指示がなされていない事でしょうね。指示が細部まで行き届いていれば、イメージではなく具体的に表現してもらえれば、指示者から指摘されたミスや至らぬ自分の行動を反省し、次へと活かせる。そうありたいと日々精進です。

そして、「仲間」に対するお考えもメッセージ有難うございました。「仲間」と日本語で表現すると、どうしても気持ちの通い合う和気藹々とした感じを受けます。今の仕事上私の考えでは、「チーム」なら納得かな。お互いがプロとして仕事上の立場で集まる。

何にせよ。皆さんのメッセージ1つ1つが本当にありがたいです。これからも宜しくお付き合いくださいね★



てぽてぽ
2009/11/14 21:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
泣きたい時だってあるさ。 てぽてぽ進も♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる